上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご心配をおかけしました(*- -)(*_ _)ペコリ

今日、病院へ行き担当の先生から「もう幼稚園に行ってもいいですよ」と
言われました。

長かった・・・

今回は本当に参りました・・・

ただの風邪だと思ってたら肺炎。
しかも入院する事になるなんて・・・

優の調子が悪かったのは↓にも書いてありますが、
先週の木曜日に下がってた熱が上がり始めてしまい、
「これは、おかしいな」と思い夕方、病院へ連れて行きました。

先生に月曜日からの症状を話し、即血液検査。
血液検査の結果があまり良くなく、レントゲン撮影。
(優、初めてのレントゲン撮影にかなり緊張してました・笑)

レントゲンの結果、「肺炎」
「お母さん、入院したほうがいいですね」と言われ
そこからが大変でした。

パパに電話し、入院先の病院まで行き、
診察を再度受け、ベッドの準備が出来るのを待ってる間に
パパが到着。

病室に案内されてから、また血液検査に点滴。
点滴は入院の間、ずっとしてたので、親の私からすると
その姿がかなりかわいそうでした。

優は親の心配をよそに、点滴を押しながら歩くことに
なにやら嬉しそうでした(^▽^;)

入院といっても、優はかなり元気だったので、
そんなに心配することはなかったのですが、
時々、ひどく咳き込んだりしてたので、その姿を見ると
かなり辛かったです。

滅多に食欲をなくすことの無い私なんですが、
食欲が一切なく、優が入院してる間はほとんど食べれない状態でした。


優の入院は本当に辛かったし大変だったけど、
パパも彩も協力してくれて、なんとか乗り切ることが出来ました。

パパ、彩、お疲れ様でした。
(彩はパパを独り占めできる~と嬉しそうにしてたそうですが・・(^▽^;))

優が入院してた病棟は小児病棟だったんですが、
まだ、生後数ヶ月の赤ちゃんも何人か入院してました。

テレビでは見た事のある場面。
実際にこの目で見るのは、辛い光景でした。

「頑張って」と軽々しく言ってはいけないのかもしれないけど、
小さな子ども達に思うことは「頑張って」でした・・

毎日、平凡でつまらないって思っちゃいけないんだよね。
その平凡な毎日がどれだけ幸せであるか・・・
家族皆が健康に毎日を過ごす。

今回の優の入院で改めて考えさせられました。

そして、心配してメール、電話、ブログにコメントをくれたお友達。
みんなからの暖かい言葉は本当に嬉しかったです。
こな場をお借りして・・・

「ありがとう」



Secret

TrackBackURL
→http://muhimuhi.blog48.fc2.com/tb.php/258-17c24b1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。