上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう、関西も梅雨入り。

週間天気予報を見ていてもまさに「梅雨」って感じのお天気(T-T)
洗濯物が乾きませ~ん汗とか

明日は晴れ間もあるようなので
一気に洗濯物を片付けしなくちゃ(`・ω・´)o"

大阪は今日もお天気が悪く、何やら私もヤル気が全く出ない日だった。
テンションも下がりっぱなし(;-_-) =3 フゥ

昼過ぎから、友人が「めっちゃ泣いた」と聞いていたドラマを見ようと
動画をパソコンで検索。

2005年に24時間テレビで放送されたスペシャルドラマ
「小さな運転士 最後の夢」

あらすじを読んだだけで目がウルウル。

動画もアッサリ見つけれたので見てみる事に・・

もう、最初の方から涙・涙・・
こんなにボロボロ涙が出るドラマを見たのは久しぶり。

すごく大事な場面はこれからだっていう時に
音声が切れて映像が流れるのみ(;O;)

必死になってパソコンで他の動画を捜したものの
見つからず・・・

もう、凄く見たいです・・・
DVDにでもなってたら、借りる事も出来るけど
DVDにはなってないし。

ちゃんと見れるサイトないかなぁ(・・、)

このドラマの原作は
「はしれ江ノ電 ひかりのなかへ」
実話を元に書かれた絵本のようです。

買って読んでみようかな。

(調べてみたら図書館で取り扱いがありました。
予約を入れたので、近いうちに読む事が出来そうです)

続きに簡単なあらすじを書いてます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


-幼い頃に母親を同じ心臓病で亡くした少年は、
「江ノ電の運転士になりたい」という夢を持っていた。

いつも父とともに江ノ電に乗って入院中の母に会いに行っていた少年にとって、
江ノ電とは家族の絆を繋ぐ象徴的なものだったのだ。

その夢を知った少年の父や周囲の人々は、夢を叶えるために奔走する。
しかし、鉄道法では、一般人は電車の運転席にすら座れない、という規則があって―。


果たして、少年の夢は叶うのだろうか? 刻一刻と体調が悪化していく中、ついに奇跡が起きる―


大好きな江ノ電の運転席に座り電車を運転する事が出来たトモくん。
この数日後にトモくんは亡くなったそうです。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。